2017年7月23日 (日)

Vixen GP2赤道儀 専用機材ケース

Case00
GP2赤道儀」用
純正のGP用アルミケース」が、
定価38,000円とクソ高いので、
自作することにしました。

Case01
用意したのは、
アイリスオーヤマ バックルコンテナBLー22(クリア)
エツミ ハードウレタンフォーム M/30mm
エツミ ウレタンフォームブロック型 30mm
の3点。
「バックルコンテナ」は、近所のホームセンターで入手したのですが、
ブラックがなかったので、クリアにしました。
ただ、エツミさんのウレタンフォームは、少し柔らかいので、
他社でもう少し固いのがあれば、そちらの方がいいと思います。
あと、サイズもほんの1or2mm程度大きいのですが、
これに関しては、どうしようもないと思います。

Case01_2
最初に、
アイリスオーヤマ バックルコンテナBLー22(クリア)」に、
エツミ ハードウレタンフォーム M/30mm」を敷きます。

Case02
続けて、
エツミ ウレタンフォームブロック型 30mm」を敷きます。

Case03
そして、「GP2赤道儀」に合わせて、
「ウレタンフォーム」を取り除きます。
「ウレタンフォーム」は、サイコロ状に切れ目が入っているので、
手でも簡単に取り除くことができます。
「ウレタンフォーム」の方が少し大きので、
変形してしまいますが、問題はないです。

Case04
GP2赤道儀」を収めたところ。
どうでしょう、蓋もちゃんと閉まりますし、
なかなかいいんじゃないでしょうか?
エツミ ウレタンフォームブロック型 30mm」よりは、
エツミ ウレタンフォームブロック型 60mm」のほうが、
いいような気がしますが、
それだと取り出しにくくなるんでしょうね。
でも、ウレタンフォームの剛性は上がるので、
60mmもありかも。
あとは、どうにかして、機密性を高めて、
湿気が入らないようにすれば、完璧でしょう。

それにしても、思いつきの割には、これいいなぁ。
撮影機材もこっちにしようかな。
そうすれば、「ポラリエ」と「カメラ」と「レンズ」が、
一つに収まるなぁ。
今度、試しに作ってみるか。
でも、色はどうしよう。
「クリア」で揃えるか、ネットで「ブラック」を手に入れるか。
この辺も、考えないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vixen GP2 赤道儀用 高度調整板

Gp201
昨日、「GP2赤道儀」用に、「ヤフオク」で入手した、
「Vixen GP GP2 赤道儀用 高度調整板」が届いたので、
早速取り付けてみました。
以前は、メーカーから発売されていたのですが、
現在は発売中止となっているので、
ヤフオク」で、互換品を入手したわけです。

Gp202

Gp203
前後から、固定することによって、
鏡筒の重さによって、高度が下がるというトラブルがなくなります。
ちなみに「GPD2赤道儀」には標準でついています。

これで、「GP2赤道儀」もひとまず完成したのですが、
今週末は晴れそうにないので、
ロールアウトはしばらくお預けです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

FDレンズキャップ

Fd01
昨日、「ヤフオク」で入手した、
「FDレンズキャップ(落札価格:650 円)」が届きました。

Fd02
Fd03
早速、装着。
これで、ためらいもなく外へ持っていけます。

早く、テスト撮影しないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

Vixen GP2赤道儀 組み上げ

ようやく、パーツが揃ったので、今週末行われる予定の、
岡山アストロクラブ」の観望会にそなえて、
Vixen GP2赤道儀」を組み上げて、
作動テストをしました。

01
まずは、「SX-HAL130??三脚」に「SXGハーフピラー」を取り付け。
三脚のツノにハーフピラーの位置決めボルトを合わせて、取り付けます。

02
「SX-HAL130??三脚」に「SXGハーフピラー」を取り付けた状態。

03
次に「SXGハーフピラー」を「水平支点」を取り付けます。
Vixen GP2赤道儀」の場合、内側のボルト穴に固定します。

04
続けて、
SXGハーフピラー」 に、「Vixen GP2赤道儀」を、
取り付けます。
先ほど取り付けた「水平支点 」に合わせて、

取り付けます。

05
Vixen GP2赤道儀」を取り付けた状態。
ここから、付属品を取り付けていきます。

06
付属品を一式取り付けた状態。
この後、電源をつないで、作動テストをやります。

07
電源は、以前書いたように、カーバッテリー。


等倍速から32倍速、そして等倍速と確認。 無事に動いてくれました。
これで観望会も大丈夫。

08
ついでに、極軸望遠鏡を以前購入した、
GP2赤道儀仕様の「TKオリジナル ポラリエ専用 極軸望遠鏡 TK-PPF (暗視野照明付き)」に、
交換しました。
使い慣れた極軸望遠鏡なので、これで極軸合わせも大丈夫でしょう。

今週末の観望会が、楽しみだけどはれるのかなぁ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クッション付き 3ポケットタイプ ソフトフィルターケース 収納ポーチ

AsianZakka楽天市場店」さんで、
クッション付き 3ポケットタイプ ソフトフィルターケース 収納ポーチ価格848円 (税込 915 円) 送料別」を、
購入しました。

フィルターケースは、
ケンコーフィルターケース丸型」は持っているのですが、
望遠レンズ用の口径の大きなフィルターに合うのを、
持っていなかったので、
今回購入しまいた。

天体写真は、
ゴースト対策で保護フィルターをはずして撮影するので、
フィルターケースは持っておいたほうがいいです。


82mmのフィルターもちゃんと収まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

Vixen SXGハーフピラー

Vixensxghalfpiller01
火曜日(07/11)、「ビックカメラ楽天市場店」さんから、
Vixen SXGハーフピラー」が届きました。
購入価格は、12,288円 (税込 13,271 円)。
送料無料です。

これで、5月に「ヤフオク」で手にいれた、
ビクセン GP2赤道儀」を、
ようやくロールアウトさせることができます。

そして、木曜日(07/13)にようやく開封。
『なんかアルミの割に重い』と思ったら、
鋳鉄製でした。
『アルミパイプにネジをつけただけにしては高い』と思っていましたが、
これで納得です。
この重さが、安定化につながるんでしょね。

金曜日(07/14)、本当にちゃんとつくか不安だったので、
取り付けてみました。
Vixensxghalfpiller02
無事に着きました。
よかったぁ。
明日、組み上げて、作動テストしようと思います。

〜メーカー製品サイト〜
Vixen SXGハーフピラー
https://www.vixen.co.jp/product/25167_4/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 ビクセン SXG ハーフピラー
価格:13271円(税込、送料無料) (2017/7/16時点)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

Velbon Neo Carmagne 630 PH-460B

63001
ヤフオク」で、
「Velbon Neo Carmagne 630 PH-460B 」
を落札しました。
落札価格は、15,400円。
キズ物中古とはいえ、カ_ボン三脚でこの値段は安いでしょ。
この三脚は、
「ポラリエ弐号機」用に手に入れたものです。
今までは、「ビクセンM-184V」の「v4ユニット」をはずし、
代わりに「ビクセン微動雲台」を取り付けて、
使っていたのですが、
せっかく「v4ユニット」付き三脚なんだから、
この三脚はブツ撮りや動画(タイムラプス)用に回して、
新しく三脚を手に入れようと思ったわけです。
改めて、「VELBON Neo Carmagne 630 」について、
調べたのですが、
よくわからなかったです。
おそらく、型番から推測すると、
初期モデルっぽい。
まぁ、三脚は古くてもちゃんとして入れば、
問題ないですからね。
ただ、「ベルボン」ということで、
日本製だと思っていたら、
中華製だったのがちっと残念。

63002_2
ピンぼけですが、「PH-460B 」3way雲台。
そこそこデカいです。

63003
レザー風ケースとストーンバックが、
付いてました。

さっそく、3way雲台を外して、
ビクセン微動雲台」を取り付けました。

63004
太ネジ(3/8インチ)と細ネジ(1/4インチ)に、
対応しています。

63005
ビクセン微動雲台」を取り付けた状態。
もう、ワンサイズ小さい三脚でも良かったかも。
でも、これくらいの方が、天体写真にはいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

Canon FD28mm F2.8 S.C.

Fd01
今日、いつもの写真量販店で、
Canon FD28mm F2.8 S.C.」を買ってきました。
購入価格は、1000円(税込)。

実は、先週行った時に見つけたのですが、
「マウントアダプター」をもっていなかったので、
今日改めて持って、絞りを確認して、
購入しました。

Fd02
Fd03
ジャンク品のわりには結構キレイですが、
よく見ると、ゴミや小さなキズがあります。

Fd04
Canon EOSM3に取り付けてみました。
意外と、オールドレンズがに合います。

テスト撮影は、また後日やろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

天体写真49 「Canon EF-M22mm F2 STM」による天体写真

大芦高原2連戦2日目は、
完全に観望モードだったので、
Canon EF-M22mm F2 STM」と、「星空雲台ポラリエ」弐号機で、
お気楽に撮っていました。

Canon EF-M22mm F2 STM」は、
決して天体写真適正の高いレンズではないのだけど、
22mm(フルサイズ換算:35mm)という焦点距離は、
「夏の大三角」や「冬の大三角」を撮るのには、
ちょうどいい焦点距離なので、使っています。

Milkiso6400f28ss30
〜夏の天の川〜
やっぱり撮りたい夏の天の川。
いい感じに色が出たとは思うのですが、
ちょっと明るかかったかも。
あと、等倍で見ると星が流れているんだよなぁ。
〜撮影データ〜
カメラ:Canon EOSM3
レンズ:Canon EF-M22mm F2 STM
赤道儀:Vixen ポラリエ弐号機(1/2モード)
Mモード(ISO:6400 SS:30sec F:2.8)
Digital Photo Professional 4
GraphicConverter 9
撮影地:2017年05月27日岡山県和気郡和気町 大芦高原

Iso3200f28ss120
〜夏のの大三角〜
無改造ながら北アメリカが写っているけど、
色が出ていないなぁ。
強めに強調処理をすると、
周辺減光が目立ってしまいます。
〜撮影データ〜
カメラ:Canon EOSM3
レンズ:Canon EF-M22mm F2 STM
赤道儀:Vixen ポラリエ弐号機
Mモード(ISO:3200 SS:120sec F:2.8)
Digital Photo Professional 4
GraphicConverter 9
撮影地:2017年05月27日岡山県和気郡和気町 大芦高原

Iso1600f28ss120
~秋の星座〜
薄明始まり時は、もう秋の星座が見えてきます。
でも、ちょっとフライングぎみ。
低空が明るい。
もう少し露出時間をかけて、
M31、M33をぐるぐるにしたいところです。
〜撮影データ〜
カメラ:Canon EOSM3
レンズ:Canon EF-M22mm F2 STM
赤道儀:Vixen ポラリエ弐号機
Mモード(ISO:1600 SS:120sec F:2.8)
Digital Photo Professional 4
GraphicConverter 9
撮影地:2017年05月27日岡山県和気郡和気町 大芦高原

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気楽お手軽惑星動画#03

Photo
以前、自宅にて撮影した、
木星動画を「YOUTUBE」に、
UPしました。

もしよかったら、見てやってください。

チャンネル登録は、、、別にいいです。

https://www.youtube.com/watch?v=e6t6S_Yh4UA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«天体写真48 大芦高原