2017年9月25日 (月)

天体写真51 かもがわスポーツパーク

Kamosp
昨晩(09/24)、ひさしぶりに天体写真を撮りに行きました。
5月末の新月期以来なので、4ヶ月ぶりだったのですが、
前回出撃した時に、
極軸望遠鏡の暗視照明のスイッチを切り忘れてしまい、
電池が切れていて、思うように極軸合わせができませんでした。

まだちゃんとは見ていないのですが、
せっかく以前から撮影したかった対象を撮影できたのに、
残念なことになってしまいました。

結構、枚数を撮影したので、
使えそうなものだけを使って、
画像処理をしたいと思います。

あと、今回は、光害カットフィルターを使ったので、
「EF-M11-22mm」のテスト撮影ができませんでした。
今週末に出撃できたら、 テスト撮影をしたいです。

今回上げた写真は、
タイムラプス動画の一枚なのですが、
この構図だったら、
もっと早い時間から撮影しないといけなかったし、
このくらいの時間から始めるなら、
オリオン座を入れないとダメですよね。
いつか、再挑戦したいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

天体写真50 「SIGMA APO TELE MACRO 300mm F4」ファーストライト

動画制作にかまけていて、
かなり長い間放置していたものを画像処理しました。

5月26日に大芦高原で撮影したもので、
「SIGMA APO TELE MACRO 300mm F4」の、
ファーストライトとなります。
改めて見ると、赤ハロが出ています。
やはりレンズは最新のものを使わないとダメですね。
15,000円も出す価値はなかった。
こいつに手を出してしまったために、
「ヤフオク」で中古の「タカハシFS60CB」を、
落札するのをためらってしまっていましたが、
これで吹っ切れました。
それから、レンズを軽量化したにもかかわらず、
星の位置がだんだんずれていってます。
やはり1Kgを超えるレンズだと、
バランス取りをもっとシビアにやっていかないと、
ダメなようです。

Iso6400ss180f5x16
〜アンタレス付近〜
~撮影データ~ カメラ:Canon EOSM3
レンズ:SIGMA APO TELE MACRO 300mm F4
赤道儀:Vixen ポラリエ初号機
Mモード(ISO:6400 SS:180secX16 f:5)
Digital Photo Professional 4
GraphicConverter 9
撮影地:2017年07月26日岡山県美作市大芦高原
塩塚公園て撮影した時は、横構図だったので、
今回は縦構図で撮影してみました。
前回よりは露光時間をかけた割には、
いまいち色が出ませんでした。
よっちゃんさんの画像処理動画を買わないと、
ダメかなぁ。

Iso6400ss180f5x8
〜バンビの横顔〜
カメラ:Canon EOSM3
レンズ:SIGMA APO TELE MACRO 300mm F4
赤道儀:Vixen ポラリエ初号機
Mモード(ISO:6400 SS:180secX8 f:5)
Digital Photo Professional 4
GraphicConverter 9
撮影地:2017年07月26日岡山県美作市大芦高原
アンタレス付近と並んで、夏の定番。
やはり、ノーマルカメラだと、
バンビの首飾りの色があまり出ませんねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

Sky Watcher BKMAK127SP用収納ケース

Dscf9640
「GP2赤道儀」用収納ケースに続き、
>Sky Watcher BKMAK127SP」用収納ケースを、
作りました。

ケースは、
アイリスオーヤマ 密閉バックルコンテナ MIP-45」。
ウレタンフォームは、
エツミ ウレタンフォームブロック型60mm E-6591
エツミ  ウレタンフォーム ハードタイプM30mm E-6593」。
まぁ、いつものやつです。

ただ、
今回は一層目を、
エツミ  ウレタンフォーム ハードタイプM30mm E-6593」に、
するつもりだったのですが、
いまいち安定しない。
どうやら一層目を、
エツミ ウレタンフォームブロック型30mm E-6590」して、
アリガタをこれで固定するのが正解だったみたい。

Dscf9641
Dscf9643
ということで、
臨時で今まで使っていた収納ケースに使っていた、
ウレタンフォームを使って、1層目にしました。
さらに、3層目に、
エツミ ウレタンフォームブロック型30mm E-6590」を、
追加すればさらに安定すると思います。
問題は、いつ「ウレタンフォーム」を買うかだね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エツミ ハードウレタンフォーム M 30mm E-6593【送料無料】【smtb-f】
価格:1210円(税込、送料無料) (2017/9/16時点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

CANON EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM


昨日、「ビックカメラ楽天市場店」から、
CANON EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM(税込 44,560 円)」と、
CANON レンズフードEW-60E(税込 1,110 円)」が届きました。
送料は、無料でした。
最初は、取り寄せ商品に一ヶ月くらいかかると書かれていたのですが、
2週間で届きました。
今週末の自分が所属する「岡山アストロクラブ」の観望会には間に合ったったのですが、
あいにく天気が絶望的です。

このレンズは、半年くらいずっと悩んでいました。
というのも、星景写真が購入目的だったので、F値がF4と暗いのと、
シグマニアなので、
SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM」と、
どちらにするかずっと悩んでいました。

そして、決め手になったのは、
The-Digital-Picture.com」という、
レンズ比較サイトの結果が、
CANON EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM」の方が、
テスト結果がよかったので、こちらにしました。
それにキャノン純正レンズだと、カメラ本体で周辺減光や軸上色収差を補正してくれるし、
マウントアダプター」もいらないので、
コンパクトに収まるというのも、メリットです。
あと、ISもついているので、動画撮影にも使えるだろうと判断しました。

まだ、ちゃんとは使っていないのですが、
昼間の撮影だったら、そこそこいけそうな感じです。
だた、星に関しては、こればかりは撮影してみないとわかりません。
でも、今年は、昨年以上に全然晴れないんですよねぇ。
来週は、新月期なので是非とも晴れて欲しいです。

〜メーカー製品情報〜
CANON EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM
http://cweb.canon.jp/ef/lineup/ef-m/ef-m11-22-f4-56is-stm/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

Vixen GP2赤道儀用 ケース改

以前、紹介した「GP2赤道儀用ケース」を、
密封バックルコンテナに変更しました。
Youtube」に解説動画をあげましたので、
良かったら見てやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

お気楽お手軽惑星動画#04

土曜日(08/19)、「岡山アストロクラブ」のメンバーと、
岡山市瀬戸町宗堂」へ「ペルセウス流星群」を観に行ってきまた。

今年の「ペルセウス流星群」は、月齢や天候がイマイチだったので、
写真は諦め、観望メイン。

本命は、
GP2赤道儀」のロールアウトと、惑星動画の撮影。
GP2赤道儀」を導入したことにより、ピントの追い込みもできるし、
追尾もしっかりついて行ってくれるよになりました。

Set
撮影機材は、いつもの「CELESTON 8-24mm Zoom Eyepiece」、
「MOREBLUE EOS-M T2 アダプター」、
Canon EOSM3」。

もう少し、大きくはっきりくっきり写したいけど、
SkyWatcher MAK127SP」は、もともと観望向きなので、
撮影にはきついのかなぁ。
とりあえず、「バーローレンズ」を導入してみますか?
でも、もたもたしていると、シーズンが終わってしまうなぁ。(汗;)

いつものように、「Lynkeos」でスタックし、
GraphicConverter 9」で、軽く処理しました。
この日は風が強く、シーイングが良くなかったので、
イマイチなものになりました。
Mvi_2615
〜アイピース焦点距離 24mm〜

Mvi_2621
〜アイピース焦点距離 8mm〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

惑星観望用機材解説動画

Youtube」に、惑星観望用機材の解説動画をあげました。
もしよかったら、見てやってください。

望遠鏡:Sky Watcher BKMAK127SP
赤道儀:VIXEN GP2赤道儀
   テレスコ工房 極軸望遠鏡 TK-PPF
三脚:VIXEN SXーHAL130
   VIXEN SXGハーフピラー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

Canon FD28mm f2.8〜レビュー〜

今日、総社市に行くことがあったので、
「Canon FD28mm f2.8」のテスト撮影のために、
「備中国分寺」に行ってきました。

実際に撮影をしてみると、
後ろ玉の振りがほんの少し白くなっているにもかかわらず、
特に問題はありませんでした。
ただ、ゴーストだかフレアだかが、出ました。

今回、Avモード ISO:AUTO(ISO100) F:11 W/B:AUTO撮影したら、
ちょっと露出アンダーになってしまいました。
やはり、ロールドレンズで撮影すときは、
ISOやW/Bはマニュアルでないとダメですね。

RAWで撮影したので、直すこともできたのですが、
今回はテスト撮影なので、
いじらずに「GraphicConverter 9」で縮小だけにしました。

Fd28mm01

Fd28mm02
Fd28mm03

Fd28mm04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

Vixen GP2赤道儀 専用機材ケース

Case00
GP2赤道儀」用
純正のGP用アルミケース」が、
定価38,000円とクソ高いので、
自作することにしました。

Case01
用意したのは、
アイリスオーヤマ バックルコンテナBLー22(クリア)
エツミ ハードウレタンフォーム M/30mm
エツミ ウレタンフォームブロック型 30mm
の3点。
「バックルコンテナ」は、近所のホームセンターで入手したのですが、
ブラックがなかったので、クリアにしました。
ただ、エツミさんのウレタンフォームは、少し柔らかいので、
他社でもう少し固いのがあれば、そちらの方がいいと思います。
あと、サイズもほんの1or2mm程度大きいのですが、
これに関しては、どうしようもないと思います。

Case01_2
最初に、
アイリスオーヤマ バックルコンテナBLー22(クリア)」に、
エツミ ハードウレタンフォーム M/30mm」を敷きます。

Case02
続けて、
エツミ ウレタンフォームブロック型 30mm」を敷きます。

Case03
そして、「GP2赤道儀」に合わせて、
「ウレタンフォーム」を取り除きます。
「ウレタンフォーム」は、サイコロ状に切れ目が入っているので、
手でも簡単に取り除くことができます。
「ウレタンフォーム」の方が少し大きので、
変形してしまいますが、問題はないです。

Case04
GP2赤道儀」を収めたところ。
どうでしょう、蓋もちゃんと閉まりますし、
なかなかいいんじゃないでしょうか?
エツミ ウレタンフォームブロック型 30mm」よりは、
エツミ ウレタンフォームブロック型 60mm」のほうが、
いいような気がしますが、
それだと取り出しにくくなるんでしょうね。
でも、ウレタンフォームの剛性は上がるので、
60mmもありかも。
あとは、どうにかして、機密性を高めて、
湿気が入らないようにすれば、完璧でしょう。

それにしても、思いつきの割には、これいいなぁ。
撮影機材もこっちにしようかな。
そうすれば、「ポラリエ」と「カメラ」と「レンズ」が、
一つに収まるなぁ。
今度、試しに作ってみるか。
でも、色はどうしよう。
「クリア」で揃えるか、ネットで「ブラック」を手に入れるか。
この辺も、考えないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vixen GP2赤道儀用 高度調整板

Gp201
昨日、「GP2赤道儀」用に、「ヤフオク」で入手した、
「Vixen GP GP2 赤道儀用 高度調整板」が届いたので、
早速取り付けてみました。
以前は、メーカーから発売されていたのですが、
現在は発売中止となっているので、
ヤフオク」で、互換品を入手したわけです。

Gp202

Gp203
前後から、固定することによって、
鏡筒の重さによって、高度が下がるというトラブルがなくなります。
ちなみに「GPD2赤道儀」には標準でついています。

これで、「GP2赤道儀」もひとまず完成したのですが、
今週末は晴れそうにないので、
ロールアウトはしばらくお預けです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«FDレンズキャップ